読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ochalog

Ruby と MediaWiki が好きな電子・情報系の学生のブログ。

Mac OS X でオープンソース電子 CAD の KiCad をインストールする

Macオープンソースの電子 CAD KiCad をソースからビルドしたときに結構苦労したので、その記録。環境は OS X 10.9.5(Mavericks) + Homebrew

ほぼ「Building KiCad from source on Mac OS X - Thomas notes」に従った。これの誤り修正程度。

必要なライブラリ・ツールのインストール

まず XCode の Command Line Tools を更新しておく。

xcode-select --install

Homebrew で以下をインストールする。

  • CMake
  • Bazaar
  • GLEW
  • Cairo
brew install cmake bzr glew cairo

Bazaar で自分の名前とメールアドレスを設定しておく。

bzr whoami '自分の名前 <name@example.net>'

KiCad ソースコードのダウンロード

Launchpad 上のリポジトリからソースコードをダウンロードする。作業ディレクトリは ~/Applications/KiCad/ にしてみた。

mkdir ~/Applications/KiCad && cd ~/Applications/KiCad
bzr branch lp:kicad # 容量が大きいのでやや時間がかかる

wxWidgets のビルド

GUI ツールキット wxWidgets を使うので、ダウンロードし、ビルドする。KiCad のビルドスクリプトが固有のパッチを当てるので、Homebrew は使えないらしい。

KiCad でスクリプトを使えるようにするには wxPython も必要だが、とりあえず今回は使わないことにした。

まず wxWidgetsソースコードSourceForge からダウンロードし、作業ディレクトリに保存する。これを tar で展開する。

# ~/Applications/KiCad/ で
tar -jxf wxWidgets-3.0.2.tar.bz

OS X 10.10(Yosemite)の場合

OS X 10.10(Yosemite)で wxWidgets 3.0.2(3.0.3 では修正済みで必要ないとのこと)を使う場合は、手動でソースを修正する必要があるらしい(未確認)。wxWidgets-3.0.2/src/osx/webview_webkit.mm の 31 行目を

#include <WebKit/WebKit.h>

から

#include <WebKit/WebKitLegacy.h>

へと修正する。

KiCad 付属スクリプトでのビルド

KiCad にビルド用スクリプトが付属しているので、これを使って wxWidgets をビルドする。数十分と非常に長い時間がかかる。

i7 だったので、スレッド数を 9 にして全力でやってもらった。これは Gentoo の MAKEOPTS での設定(CPU 数 + 1)に倣ったもの。

# 非常に長い時間がかかる
# OS X 10.10 では '10.9' を '10.10' にする
sh kicad/scripts/osx_build_wx.sh \
  wxWidgets-3.0.2 wx-bin kicad 10.9 '-j9'

上の記事では 10.9 が抜けていたので、ビルドに失敗した。

KiCad のビルド

wxWidgets のビルドに成功すると、wx-bin/ というディレクトリができる。これを使って KiCad をビルドすることができる。

ビルド用の作業ディレクトリ build/ を作って KiCad をビルドする。まず cmakeMakefile を作る。

mkdir build && cd build
cmake ../kicad \
  -DCMAKE_C_COMPILER=clang -DCMAKE_CXX_COMPILER=clang++ \
  -DwxWidgets_CONFIG_EXECUTABLE=../wx-bin/bin/wx-config \
  -DKICAD_SCRIPTING=OFF -DKICAD_SCRIPTING_MODULES=OFF \
  -DKICAD_SCRIPTING_WXPYTHON=OFF \
  -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=../bin -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release \
  -DCMAKE_OSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.9 \
  -DCMAKE_OSX_SYSROOT='/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.9.sdk'
# OS X 10.10 では下の 2 行の '10.9' を '10.10' にする

上の記事では下の 2 行が抜けていたので失敗した。

Makefile を生成できたら、ビルドする。この作業もかなり時間がかかるので、しばらく待つ。

make
make install

上記が終わると、最初の作業ディレクトリから見て bin/kicad.app に実行ファイルが生成されているはず。

標準ライブラリのインストール

実行前に KiCad の標準ライブラリ(部品集)をインストールする。

cd ~/Library/Application\ Support
git clone https://github.com/KiCad/kicad-library.git kicad
cd kicad && touch template/kicad.pro

KiCad の実行

~/Applications/ 以下にインストールしたので、Launchpad(Dashboard にある方)から KiCad を起動することができる。